「季節の変わり目だから、体調に気を付けてね!」なんて言われたりしますが、季節の変わり目って具体的にいつなのでしょうか。
今回はそんなあやふやな季節の変わり目の時期や、季節の変わり目に気を付けたいことについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

季節の変わり目の具体的な時期とは

季節の変わり目とは、次の季節へと変わる移行期間のことで、気温や日照時間の変化などにより、体調を崩す人が特に増える時期でもあります。
なんとなく涼しくなってきたから夏も終わりだな・・・とか、テレビの気象情報を見てそろそろ季節が変わると感じる人が多いのではないのでしょうか?

季節の変わり目とはいっても、この日!と決まったものはありません。
では、いったい何を目安に季節の変わり目と言うのでしょうか?
季節ごとにだいたいの目安をまとめてみました。

冬から春

節分の次の日の2月4日が立春で、立春という名の通り、春が来るという日です。
しかし、2月なんてまだまだ寒いですよね!
暑さ寒さも彼岸までという言葉があるように、実際には冬から春の変わり目は3月の春分の日(だいたい3月21日、22日頃)付近になりそうです。

春はだいたい3月~5月頃です。
春は暑すぎず寒すぎず、丁度よい気候で過ごしやすいですよね。

春から夏

では、春から夏への季節の変わり目はいつなのか。
それは5月6月頃ということになります。
5月は30℃を超える日があれば、翌日は20℃から23℃だったりと、日によって気温差が大きいです。
そのため、服装も半袖で過ごせる日もあれば上着を着ないと肌寒い日もあり、この温度差のため自律神経を乱しやすくなります。

夏はだいたい6月~8月頃です。
梅雨入りが6月頃で、梅雨明けが7月頃になります。
梅雨が明けると、本格的な暑さがやってくるイメージがありますね。

夏から秋

そして、お盆が過ぎるとそろそろ夏の終わりを意識します。
秋分の日(9月22、23日頃)になると「暑さ寒さも彼岸まで」で暑さも落ち着いてきますね。
そのため、夏から秋への季節の変わり目は8月下旬から9月といったところでしょう。
特に、近年は夏は猛暑日が続き、夏から秋への変わり目は寒暖差が激しくなります。
そして、秋らしい天気になる前には長雨が降ります。
一年で降水量が最も多いのは梅雨と思いがちですが、地域によっては梅雨に匹敵するほど、もしくは梅雨よりも月降水量が多くなることもあります。

秋はだいたい9月~11月頃です。
涼しくなり過ごしやすくなってきますね。
秋は秋分の日を境に日が短くなり、大気の状態が安定するため、秋の空は澄み渡ります。
秋晴れという言葉からも青くすっきりと晴れた空が想像できますよね。
そして、秋には紅葉も色づき、季節の変化も感じやすい時期です。

スポンサーリンク
秋から冬

立冬(11月7日頃)が冬のはじまりといわれています。
そのため、秋から冬への季節の変わり目は11月から12月にかけて。
冬はだいたい12月~2月頃です。
冬は冬至(12月22日頃)があります。冬至は一年のうちで最も昼が短い日で、冬の目安のようです。

年によって気候は変わるし、地域によってもずれてくるので、やはり、時期を特定することは難しいですが、だいたいの目安がわかれば、季節の変化にも対応しやすくなりますね。

季節の変わり目に起きやすい不調と対策


季節の変わり目は体調が崩れやすいですよね。
気圧の変化などで、偏頭痛になってしまう人や、夏の疲れが出て、風邪をひきやすくなる人、謎の咳に悩む人など・・・実は、私、全て当てはまります。

そこで、私が今までしてきた対策を書いていきたいと思います。

偏頭痛

これ、ほんとつらいですよね・・・。
偏頭痛になってしまうと、2~3日苦しむことになります。
偏頭痛になりそうな兆候があったら、薬を飲むなど未然に防ぐようにしましょう。
薬に抵抗がある人は、肩をまわしたり、温めたりして、肩こりや首こりを解消するといいですよ。
私はなぜか豆乳を飲むと良くなります。体質でしょうか?
それでも偏頭痛になってしまったら、充分に寝るようにしましょう。
時間が解決してくれます。
あと、痛い部分を冷やすと痛みも少し和らぎますよ。

風邪

私は夏は暑いのでお風呂ではシャワーしかあびていなかったのですが、知人にちゃんと湯舟に入ったほうが風邪をひきにくくなると言われたことがあります。
それからは、湯舟につかるようにしているのですが、確かに風邪をひきにくくなった気がします。
湯舟につかることで、日々の疲れがとれているからかな・・・と思います。
また、ヨーグルトも効果的だと思います。
私の子供は毎日R1ヨーグルトを食べていますが、去年の2月から今まで風邪をひいていません。

謎の咳

ほんとにこれには悩まされました。
病院に行ってもアレルギーではなく、とくに病名もつきませんでした。
ただ、最近では同じような症状に悩む人が多いのか、気圧によるものとか、カビによるものなど、謎の咳も注目されるようになってきましたね。
私は市販の薬を飲んでいましたが、気休め程度で全く効きませんでした。
薬よりも少し割高ですが、健康道場という青汁や、プロポリスキャンディーのほうが効果がありました。
あと、紅茶にはちみつを入れたり、カリンのはちみつ漬けなど、のどに優しそうなものを飲むようにしました。

まとめ

いかがでしたか?季節の変わり目は気候の変化により、体調を崩しやすくなります。
早めの対策で予防するようにしましょう。

スポンサーリンク