幼児や小学生の子供がバレエの発表会に出た後の先生へのお礼。

バレエはなにかと費用がかかり、特殊な世界であるということもあり、悩まれる方も多いのではないでしょうか。

規模が大きめの教室や、運営歴の長い教室の場合、それまでの慣例が引き継がれるため、先輩ママにアドバイスを受けることになるでしょう。

ただ、こじんまりとした教室や公民館でで行われるバレエの発表会の場合はどうしたらいいのでしょうか?

「母の会」といった保護者会もなく、みんなでお礼をするわけでもないし、他の親御さんにも聞きずらい・・・。

そこで、今回は、友人のバレエの先生に聞いた実態をもとに、バレエの発表会での先生への具体的なお礼についてご紹介させていただきます。

スポンサーリンク
  

バレエの発表会での先生へのお礼は?


バレエの発表会でお世話になった先生へのお礼は、感謝の気持ちをこめて5千円~1万円程度の商品券を菓子折りに添えて渡すのがいいと思います。

なぜなら、バレエの発表会の開催にあたっては、先生が子供たちへの指導以外にもかなりの時間を要して準備してくださっているからです。

先生がしなければならないことといえば、

  • 振り付けを考える作業
  • 衣装の手配や装飾
  • 音響や司会進行の手配
  • 場所の確保・下準備
  • 子供のメイク

などたくさんあります。

発表会への出演にあたり、いくらか発表会代として徴収されると思いますが、バレエは衣装代だけでも結構かかります。
発表会代がもし1~2万円程度でしたら、それは衣装代だけの金額です。

私も友人のバレエの先生に、発表会でお礼について相談したことがあります。
友人の場合、スタジオや公民館で幼児から小学生にバレエを教えているのですが、発表会後のお礼は親御さんにより様々だそうです。

スポンサーリンク
  • 商品券+菓子折り
  • 菓子折り
  • 花束
  • 何もしない

そもそも、バレエとは特殊な世界でお金がかかる習い事です。

私も、子供の時にバレエを習っていましたが、発表会に出る度に十数万円から数十万かかっていました。
衣装代にトゥシューズ代だけでなく、チケット代(割り当てられた枚数分購入しなければならない)など何かと必要になります。

今でも大規模なバレエ教室では、子供のバレエの発表会出演にあたり、

  • 出演料
  • メイク代
  • 衣装レンタル代
  • 買取衣装代
  • トゥーシューズ代

などで、数万円から十数万円かかります。

そして、先生には「母の会」という保護者会から花束やお礼をお渡しするのが慣例です。

こういった点を踏まえると、小規模なスタジオや公民館でのバレエの発表会でも菓子折りに5千円~1万円程度のお礼を添えるのがいいのではないかと思います。

周りの親御さんとの関係などもあると思いますので、状況を踏まえ、参考にしてください。

まとめ

今回は、公民館やこじんまりとしたバレエ教室についての発表会での先生へのお礼について、実際の先生に
聞いた実態をもとにご紹介させていただきました。

私も娘をバレエ教室に通わせているのですが、幼児や小学生の子供たちを教える先生は、普段からとっても大変そうです。
そして、発表会前になるとなおさら多忙そうです。

日頃の感謝も込めて、発表会終了後の先生へのお礼は迷惑にならない程度にきちんとした方がいいと思います。

スポンサーリンク